2009年6月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録

元のページに戻る@自然観測サイト)   元のページに戻るA(アーカイブのページへ)

この実験の試みは、新潟県のNORAさんの発案からなされたものです。実験は簡単なもので、マグネットシートを小さく丸く切り(約1cm位)、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。これまでの観測データでは、地震の震源地の方向(又は反対の方位)と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合が観測されています。また動きが停止状態や鈍くなるときの後に発生が見られることがあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。記載の時間は観測時の時間で漂着した後の確認時間です。但しジャスト記載は漂着そのものを目撃した直後の時間です。*遊コン1号は店の2階で、遊コン2号は西2キロの畑のハウスの中です















●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。
 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10

http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致、誤差8度以内は近い値とみなします
全国の遊コンの観測の仲間のホームページ *左記のサイトは重いので開くまで時間がかかります

日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 遊コン1号
AM9:48 67度に漂着
PM5:26 269度に漂着

遊コン2号
AM8:18 262度に2cm
不漂着

AM11:30 258度に漂着
PM4:20  112度に漂着
PM5:12  103度に漂着
6月1日AM0:33
福島県沖M5.1
震度3
6月1日AM0:33福島県沖M5.1震度3の地震がありました。こちらでは戸がガタガタとちょっとだけ揺れた程度でした。遊コンとの関連で考えますと、遊コン2号の観測地からの方位は133.9度で距離は102kmでした。(速報値から計算)この方位に近い2号の一致の移動方位ですが5月22日午前の135度、5月23日午前の移動方位135度、5月20日夕の移動方位132度、5月19日夕の移動方位132度にそれぞれ誤差1.1度、1.1度、1.9度、1.9度で、誤差3度以内で一致していました。それぞれ10日後、9日後、12日後、13日後の発生となります。また5月29日の1号と2号の停止状態、30日から31日の1号、2号の停止・不漂着現象とも関連があったかもしれません。関連があれば2日後、翌日の発生となります。
2日 遊コン1号
AM9:00 記載漏れ
PM7:55  280度に漂着

遊コン2号
AM9:15  108度に漂着
PM1:06  263度に漂着
PM4:26  284度に漂着
PM5:56  103度に漂着
3日 6月3日の動き
遊コン1号
AM8:49  21度に漂着
PM4:05  212度に漂着
PM8:12  207度に漂着

遊コン2号
AM9:08  218度に漂着
PM2:45  227度に漂着
PM4:31  87度に漂着
PM5:11  53度に漂着
4日 6月4日の動き
遊コン1号
AM10:50  43度に漂着
PM4:20  248度に漂着
PM11:18  218度に漂着

遊コン2号
AM8:43  33度に漂着
AM11:08 242度に漂着
PM1:46  237度に漂着
PM2:52  243度に漂着
6月4日PM7:23
北海道東方沖M4.1震度1
6月4日PM7:23北海道東方沖M4.1震度1の遊コン1号からの方位は40.5度で距離は793kmでした。この方位ですが1号の6月4日朝の漂着方位43度に誤差1.5度で一致します。当日の発生となります。
5日 6月5日の動き
遊コン1号
AM8:55  63度に漂着
PM9:49  112度に漂着
遊コン2号
AM9:45  165度に漂着
6月5日PM0:30
十勝沖M6.3
震度4
6月5日PM0:30十勝沖M6.3震度4の遊コン1号からの方位は32.6度で震源地までの距離は434kmでした。反対の方位は212.6度でした。この反対方位ですが1号の6月3日夕の漂着方位212度に誤差0.6度で一致しました。2日後の発生となります。また遊コン2号からの方位は32.8度で距離は435kmでした。この方位ですが2号の6月4日朝の漂着方位33度に誤差0.2度で一致します。翌日の発生となります。
6日 6月6日の動き
遊コン1号
AM8:46  60度に漂着
PM6:25  63度に漂着
(ほぼ連続か?)
遊コン2号
AM9:46  27度に漂着
6月6日PM2:52
千葉県東方沖M5.9震度3



6月6日PM7:38
択捉島南東沖M5.4震度1

6月6日PM2:52千葉県東方沖M5.9震度3の遊コン2号からの方位は171.2度で距離は319kmでした。この方位ですが6月5日朝の漂着方位165度に誤差6.2度で近い値となっています。(誤差8度以内)関係があれば翌日の発生となります。(遊コンの説明ページにもありますが南東や南よりの漂着はこちらでは少ない傾向があります。)

6月6日PM7:38択捉島南東沖M5.4震度1の遊コン1号からの方位は41.3度で距離は981kmでした。この方位ですが他の地震と重複しますが、6月4日午前の1号の漂着方位43度に誤差1.7度で一致します。2日後の発生となります。
7日 6月7日の動き
遊コン1号
AM8:18  記載漏れ
PM5:19  280度に漂着
PM9:16  237度に漂着

遊コン2号
AM8:40  228度に漂着
AM10:29  243度に漂着
AM11:24  222度に漂着
PM4:37  218度に漂着
8日 6月8日の動き
遊コン1号
AM9:10  57度に漂着
PM6:00  237度に漂着
(237度は7日夜に続いて2回目。また朝の57度の反対方位です。)
PM10:03  87度に漂着

遊コン2号
AM9:36  162度に漂着
PM1:15  257度に漂着
PM3:36  308度に漂着
PM5:15  26度に漂着
9日 6月9日の動き
遊コン1号
AM9:43  停止状態
PM4:42  242度に漂着

遊コン2号
AM10:13  32度に漂着
PM3:03  72度に漂着
PM3:59  347度に漂着
6月9日AM11:07
岩手県沖M4.4
震度2
6月9日AM11:07岩手県沖M4.4震度2の遊コン2号からの方位は35.3度で距離は241kmでした。この方位ですが6月9日午前の2号の漂着方位32度に誤差3.3度でほぼ一致します。観測確認後約1時間後の発生ですが、前日までに漂着していた可能性もあります。また他の地震との重複も見られますが6月4日朝の2号の漂着方位33度に誤差2.3度で一致します。この場合は5日後の発生となります。
10日 6月10日の動き
遊コン1号
AM8:47  208度に漂着
PM5:46  234度に漂着
遊コン2号
AM9:04  58度に漂着
PM2:01  67度に漂着
PM4:16  158度に漂着
PM5:25  22度に2cm
11日 6月11日の動き
遊コン1号
PM2:03  183度に2.5cm不漂着
PM10:11  90度に3cm
不漂着

遊コン2号
AM8:55   23度に漂着
PM3:50   停止状態
6月11日
AM2:52宮城県沖
M3.1震度1


6月11日AM7:53
岐阜県美濃東部M3.5震度3

*11日の1号、2号の動きの鈍さは宮城沖や観測地から近いところも含めての前兆の可能性があります。

6月11日AM2:52宮城県沖M3.1震度1の遊コン2号からの方位は58.0度で距離は76kmでした。この方位ですが2号の6月10日午前の漂着方位58度に誤差0度で一致しまし。翌日の発生となりました。

6月11日AM7:53岐阜県美濃東部M3.5震度3の遊コン2号からの方位は221.6度で距離は459kmでした。この方位ですが2号の6月7日昼前の漂着方位222度に誤差0.4度で一致しました。4日後の発生となります。
12日 6月12日の動き
遊コン1号
AM9:50  87度に漂着
PM5:45  257度に漂着
遊コン2号
AM9:20  116度に漂着
AM11:41 267度に漂着
PM4:43  0度に漂着
6月12日AM9:12
鳥取県西部M2.7
震度1
*0度(北)の漂着はこれまでの例では宮城北部・岩手内陸南部方面。または反対の千葉県沖方面での前兆となることが多いようです。

6月12日AM9:12鳥取県西部M2.7震度1の遊コン2号からの方位は243.8度で距離は755kmでした。この方位ですが2号の漂着方位6月4日午後243度、6月7日午前の243度にそれぞれ共に誤差0.8度で一致します。8日後、5日後の発生となります。また反対の方位は63.8度になります。この反対方位ですが2号の6月10日午後の漂着方位67度に誤差3.2度でほぼ一致します。関連があれば2日後の発生となります。次に遊コン1号からの方位は243.9度で距離は757kmでした。この方位ですが1号の6月9日夕の漂着方位242度に誤差1.9度で一致します。3日後の発生となります。(*可能性ですが一致が多く見られているにもかかわらず、規模がM2クラスで小さいということは別の大きな震源が近くに隠れているかもしれません?)
13日 6月13日の動き
遊コン1号
AM8:53  48度に漂着
PM11:00 63度に漂着
遊コン2号
AM9:13  43度に漂着
PM3:24  187度に2cm
14日 6月14日の動き
遊コン1号
AM9:36  57度に漂着
PM8:57   297度に漂着
遊コン2号
AM10:26  186度に漂着
PM4:45   294度に漂着
6月14日AM3:05福島県沖M3.3震度1


6月14日PM7:18豊後水道M4.5震度2
6月14日AM3:05福島県沖M3.3震度1の遊コン2号からの方位は150.0度で距離は95kmでした。この方位ですが6月10日夕の2号の漂着方位158度に誤差8度で近い値となります。関連があれば4日後の発生となります。

6月14日PM7:18豊後水道M4.5震度2の遊コン1号からの方位は235.8度で距離は989kmでした。この方位ですが6月10日夕の1号の漂着方位234度に誤差1.8度で一致します。4日後の発生となります。
15日 6月15日の動き
遊コン1号
AM8:38  57度に漂着
PM0:10  247度に漂着
(日中の早い漂着は最近は1号では珍しいです)
PM6:23  248度に漂着
(昼にほぼ同じで連続です。
上記観測仲間の広場のページに参照地図を追加しました。。
PM11:10  107度に漂着

遊コン2号
AM9:52  103度に漂着
PM5:01  267度に1.5cm不漂着
6月15日AM5:02
岩手県内陸南部M3.2震度1
6月15日AM5:02岩手県内陸南部M3.2震度1の遊コン2号からの方位は2.8度で距離は73kmでした。この方位ですが2号の6月12日夕の漂着方位0度に誤差2.8度で一致しました。3日後の発生となります。
16日 6月16日の動き
遊コン1号
AM8:54  63度に漂着
PM8:20  242度に漂着
遊コン2号
AM10:25  停止状態
PM4:50   停止状態
6月16日AM8:33宮城県沖M3.5震度1 6月16日AM8:33宮城県沖M3.5震度1の遊コン1号からの方位は63.9度で距離は117kmでした。この方位ですが6月16日朝の漂着方位63度に誤差0.9度で一致します。当日の発生となります(地震直後の観測ですが地震前までにはすでに漂着していたと思われます)。また6月13日夜の1号の漂着方位63度にも同じく一致します。3日後の発生となります。
17日 6月17日の動き
遊コン1号
AM9:10  83度に漂着
遊コン2号
AM8:37  停止状態
6月17日PM5:51
岩手県沿岸北部M3.8震度2
6月17日PM5:51岩手県沿岸北部M3.8震度2の遊コン1号からの方位は29.1度で距離は160kmでした。反対方位は209.1度です。この反対補方位ですが、1号の6月10日朝の漂着方位208度に誤差1.1度で一致しました。7日後の発生となります。また2号からの方位は29.8度で距離は162kmでした。この方位ですが6月8日午後の2号の漂着方位26度、同じく6月6日朝の漂着方位27度にも誤差3.8度、2.8度で一致、またはほぼ一致します。関連があれば9日後、11日後の発生となります。
18日 6月18日の動き
遊コン1号
PM2:37  102度に漂着
PM10:56  63度に漂着
19日 6月19日の動き
遊コン1号
AM9:30  停止状態
PM7:36  278度に漂着

遊コン2号
AM10:42 停止状態
PM5:24  停止状態
6月19日AM8:51
三陸沖M5.1震度1
*19日の共なる停止状態は前兆となりえるかもしれません

6月19日AM8:51三陸沖M5.1震度1の遊コン1号からの方位は69.1度で距離は314kmでした。この方位の反対の方位は249.1度でした。この反対方位ですが、1号の6月15日昼の漂着方位247度、同日夕の漂着方位248度に誤差2.1度、1.1度で共に一致します。共に4日後の発生となります。
20日 6月20日の動き
遊コン1号
AM8:51  92度に漂着
PM0:18  92度に漂着
(2回連続です)
PM7:10  停止状態

遊コン2号
AM9:42  停止状態
6月20日AM11:53三陸沖M5.2震度2 6月20日AM11:53三陸沖M5.2震度2の遊コン1号からの方位は70.6度で距離は230kmでした。反対方位は250.6度でした。この反対方位ですが上記の地震と重複しますが、6月15日夕の漂着方位248度に誤差2.6度で一致します。5日後の発生となります。また遊コン2号からの方位は70.8度で距離は232kmでした。この方位ですが2号の6月9日午後漂着方位72度、6月10日午後の漂着方位68度にそれぞれ誤差1.2度、2.8度で共に一致します。それぞれ11日後、10日後の発生となります。
21日 6月21日の動き
遊コン1号
AM8:40  80度に漂着
PM7:53  232度に漂着
PM11:25
70度に3.5cm移動
(70度は三陸沖方面か?)


遊コン2号
AM11:13  停止状態
*遊コン2号ですが溶液が濃すぎて動きが鈍くなったと思い、20日に水で薄めましたが、21日も動いていませんのでやはり停止状態と推定されます。
22日 6月22日の動き
遊コン1号
AM8:53  67度に漂着
PM6:12  223度に漂着
PM11:28 103度に漂着

遊コン2号
AM11:23  停止状態
PM5:06  停止状態
23日 6月23日の動き
遊コン1号
AM8:41
90度に1cm不漂着
PM5:47  242度に漂着
PM10:06  348度に漂着

遊コン2号
AM9:36  停止状態
PM2:44  282度に漂着
PM5:37  152度に漂着
6月23日AM10:06福島県沖M4.3震度1

6月23日PM4:24
三陸沖M5.0震度2



6月23日PM4:37
宮城県沖M5.5
震度4

(その後M5.6に修正されました)
6月23日AM10:06福島県沖M4.3震度1の遊コン1号からの方位は139.7度で距離は166kmでした。反対の方位もふくめて最近では該当する動きは見られませんでした。

6月23日PM4:24三陸沖M5.0震度2の遊コン1号からの方位は70.7度で距離は266kmでした。この方位ですが6月21日夜の移動方位70度に誤差0.7度で一致します。2日後の発生となります。

6月23日PM4:37宮城県沖M5.5震度4の遊コン1号からの方位は69.6度で距離は151kmでした。この方位ですが上記と重複も見られますが、1号の6月21日夜の移動方位70度、6月22日朝の漂着方位67度に誤差0.4度、2.6度で共に一致しました。2日後、翌日の発生となります。また遊コン2号のここ数日間の停止状態、1号の停止、不漂着現象とも関連がありそうです。
(その後の気象庁の詳しい震源位置の情報からは、1号からの方位が70.1度で距離は151kmでした。この場合は6月21日夜の移動方位70度に誤差0.1度で誤差がより小さくなります。)
24日 6月24日の動き
遊コン1号
AM8:44  50度に漂着
PM5:25  243度に漂着
PM11:09  55度に漂着

遊コン2号
AM9:30  122度に漂着
PM4:53  163度に3cm
PM5:28 162度に漂着直前
25日 6月25日の動き
遊コン1号
AM8:22  48度に漂着
PM4:40 203度に3.5cm
PM10:34 206度に漂着
(206度には関東内陸部、神奈川県、伊豆半島方面かもしれません?)
PM11:34  35度に漂着

遊コン2号
AM7:58  163度に漂着
PM4:09  257度に漂着
6月25日
PM11:04
大分県西部M4.6
震度4
*206度の方位は関東内陸部、神奈川県、伊豆半島方面かもしれません?

6月25日PM11:04大分県西部M4.6震度4の遊コン1号からの方位は241.0度で距離は1058kmでした。この方位ですが全て1号の6月16日夜の漂着方位242度、6月23日夕の漂着方位242度、6月24日夕の243度にそれぞれ誤差1度、1度、2度で共に一致しました。9日後、2日後、翌日の発生となります。
26日 6月26日の動き
遊コン1号
AM8:40  51度に漂着
PM3:22  167度に3cm
PM4:23  158度に3cm
PM6:40  148度に漂着
PM11:25  32度に漂着


遊コン2号
AM9:34  79度に漂着
AM10:06 277度に漂着
AM10:37 333度に漂着
PM3:47  238度に漂着
PM5:13  128度に漂着
27日 6月27日の動き
遊コン1号
AM8:07  47度に漂着
PM6:31  185度に漂着
(茨城〜千葉方面?:反対方位は岩手内陸部方面))
PM11:35  57度に漂着
(正方位は気仙沼沖方面?)



遊コン2号
AM10:15  145度に漂着
AM10:21  233度に漂着
PM3:56   262度に漂着
PM4:06   87度に漂着
PM4:14  152度に漂着
PM4:31  110度に漂着
PM4:54  105度に漂着
PM5:27  66度に漂着
PM6:13  140度に漂着
6月27日PM1:07
福島県沖M4.0
震度2




6月27日PM8:42
岩手県内陸南部M3.9震度2
*27日は遊コン2号は頻繁に漂着を繰り返しています。(この中に適中部分もありそうな感じです)

6月27日PM1:07福島県沖M4.0震度2の遊コン1号からの方位は155.0度で距離は128kmでした。この方位ですが1号の6月26日夕の移動方位158度に誤差3度で一致しました。翌日の発生となります。また遊コン2号からの方位は153.9度で距離は129kmでした。この方位ですが2号の6月23日夕の漂着方位152度に誤差1.9度で一致します。4日後の発生となります。また2号の反対方位は333.9度です。この反対方位ですが6月26日午前の漂着方位333度に誤差0.9度で一致しました。翌日の発生となります。

6月27日PM8:42岩手県内陸南部M3.9震度2の遊コン1号からの方位は6.7度で距離は85kmでした。反対方位は186.7度です。この反対方位ですが6月27日夕の漂着方位185度に誤差1.7度で一致しました。観測後約2時間後の発生となります。
28日 6月28日の動き
遊コン1号
AM11:17  55度に漂着
PM5:19  243度に漂着
PM10:45  208度に漂着

遊コン2号
AM9:33  133度に漂着
AM9:53  193度漂着
AM10:31  3度に漂着
PM4:45   60度に漂着
6月28日AM3:48
福島県沖M3.5
震度1
*1号の243度はおもに九州方面の可能性があります。

6月28日AM3:48福島県沖M3.5震度1の遊コン1号からの方位は170.2度で距離は163kmでした。この方位ですが1号の6月26日午後の移動方位167度に誤差3.2度でほぼ一致します。2日後の発生とないます。
29日 6月29日の動き
遊コン1号
AM9:56  53度に漂着
PM0:15  238度に漂着
(日中の早い漂着はやや気になります)
PM3:10  238度に漂着
(連続の漂着です;新潟〜北陸〜関西〜岡山〜豊後水道〜大分県のライン)

PM6:10  180度に漂着
(茨城・千葉方面;反対は岩手内陸南部方面?)
PM11:13  83度に漂着

遊コン2号
AM10:16  40度に漂着
PM4:22   15度に漂着
(青森沖?)
PM5:13   154度に漂着
(福島沖?)
PM5:49   67度に漂着
(宮城沖?)
6月29日AM1:20
宮城県沖M3.4
震度1


6月29日AM6:13
千葉県南部M4.2
震度2
6月29日AM1:20宮城県沖M3.4震度1の遊コン2号からの方位は69.8度で距離は151kmでした。この方位ですが2号の6月27日夕の漂着方位66度に誤差3.8度でほぼ一致します。2日後の発生となります。

6月29日AM6:13千葉県南部M4.2震度2の遊コン2号からの方位は193.2度で距離は381kmでした。この方位ですが2号の6月28日午前の漂着方位193度に誤差0.2度で一致しました。翌日の発生となります。
30日 6月30日の動き
遊コン1号
AM9:04  停止状態
(正確には140度0.5cm)
PM4:18  205度に2cm
PM7:04  215度に3cm
(ゆっくりとした右回り)
PM11:40  208度に3cm
不漂着

遊コン2号
AM11:22  12度に漂着
PM2:31   13度に漂着
(岩手内陸南部方面か?)
PM5:23  198度に漂着
(関東内陸部方面?)
6月30日PM1:22福島県沖M3.4震度1 6月30日PM1:22福島県沖M3.4震度1の遊コン1号からの方位は176.4度で距離は161kmでした。この方位ですが1号の6月29日夕の漂着方位180度に誤差3.6度でほぼ一致します。翌日の発生となります。