2008年5月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録

元のページに戻る@自然観測サイト)   元のページに戻るA(アーカイブのページへ)

この実験は新しい試みで、新潟のNORAさん(新津市の方)の発案からなされたものです。実験は簡単なもので、マグネットシートを小さく丸く切り(約1cm位)、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。これまでの観測データでは、地震の震源地の方向(又は反対の方位)と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合が観測されています。また動きが停止状態や鈍くなるときの後に発生が見られることがあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。記載の時間は観測時の時間で漂着した後の確認時間です。但しジャスト記載は漂着そのものを目撃した直後の時間です。













●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。
 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10
http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致、誤差8度以内は近い値とみなします

日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 AM7:46  74度に漂着
PM5:37  287度に漂着
PM11:28  113度に漂着(30日夕の293度の正反対の方位)
AM7:34
千葉県東方沖M4.5震度4
5月1日AM7:34千葉県東方沖M4.5震度4のここの観測地からの方位は185.9度で距離は340kmでした。この方位ですが他の地震との重複もありますが、4月22日夕の漂着方位186度に誤差0.1度で一致しました。9日後の発生となります。
2日 AM7:47
72度に漂着
(観測時間は朝7時代でしたがすでに漂着していたようです)

PM10:40
70度に漂着
AM5:46
能登半島沖M3.9
震度3

AM6:59
福島県沖M4.8
震度2

PM2:41
福島県沖M5.3
震度3

AM5:46能登半島沖M3.9震度3のここの観測地からの方位は251.2度で距離は401kmでした。反対の方位は71.2度です。この方位ですが5月2日朝の漂着方位72度に誤差0.8度で一致します。おそらく漂着後数時間以内での発生と推定されます。

AM6:59福島県沖M4.8震度2のここの観測地からの方位は157.0度で距離は162kmでした。反対の方位は337.0度です。この方位ですが4月21日夜の漂着方位340度に誤差3度で一致します。11日後の発生となります。

PM2:41福島県沖M5.3震度3のここの観測地からの方位は149.6度で距離は160kmでした。この方位ですが4月24日夜の移動方位150度に誤差0.4度で一致します。8日後の発生となります。また反対の方位は329.6度です。この反対の方位には4月21日の移動方位333度に誤差3.4度でほぼ一致します。この場合は11日後の発生となります
3日 AM6:45
70度台に漂着後土台調整し、リセット5月3日

PM10:55  
42度に漂着
AM1:30
青森県津軽南部M4.2震度1

PM7:48
宮城県沖M3.5
震度1

PM9:06
岩手県沖M3.8
震度2

5月3日AM1:30青森県津軽南部M4.2震度1のここの観測地からの方位は342.7度で距離は251kmでした。この方位ですが他の地震と重複しますが、4月21日夜の漂着方位340度に誤差2.7度(誤差3度以内)で一致します。12日後の発生となります。

5月3日PM7:48宮城県沖M3.5震度1のここの観測地からの方位は78.5度で距離は90kmでした。この方位ですが5月1日朝の漂着方位74度に誤差4.5度でほぼ一致(5度以内の誤差)します。2日後の発生となります。。

5月3日PM9:06岩手県沖M3.8震度2のここの観測地からの方位は38.8度で距離は166kmでした。この方位ですが4月21日朝の漂着方位34度に誤差4.8度(誤差5度以内)でほぼ一致します。12日後の発生となります。
4日 AM7:28
68度に漂着

PM8:15   
98度に漂着
PM10:40  
72度に漂着
PM7:44
岐阜県美濃中西部M3.1震度2
5月4日PM7:44岐阜県美濃中西部M3.1震度2のここの観測地からの方位は230.7度で距離は453kmでした。時間のたちすぎで関係は薄いようですがこの方位は4月17日夜の漂着方位232度に誤差1.3度(誤差3度以内)で一致します。17日後の発生となります。
5日 AM8:25
63度に漂着
PM11:00  
145度に1.5cm
不漂着

5月5日AM9:27
茨城県沖M5.1
震度2
5月5日AM9:27茨城県沖M5.1震度2のここの観測地からの方位は157.2度で距離は258kmでした。この方位の反対は337.2度でした。この反対の方位ですが4月21日夜の漂着方位340度に、他の地震との重複もありますが、誤差2.8度(誤差3度以内)で一致します。また21日夕の移動方位333度ににも誤差4.2度(誤差5度以内)でこれもほぼ一致します。共に14日後の発生となります。
6日 AM7:42
81度に漂着
PM5:37  
337度に2.5cm

(正方位〜秋田方面、反対の方位〜福島沖、茨城沖方面)
PM11:07  
343度に漂着
7日 AM7:55
47度に漂着
PM4:37
282度に漂着
PM8:33  
243度に漂着
PM10:17  
210度に漂着
(正方位は関東内陸部)

5月7日PM2:35
茨城県沖M4.5
震度1

PM6:59
茨城県沖M4.9
震度2
5月7日PM2:35茨城県沖M4.5震度1のここの観測地からの方位は159.1度で距離は254kmでした。この方位の反対方位は339.1度です。この反対方位ですが5月6日夜の移動方位337度に誤差2.1度(誤差3度以内)で一致、同じく6日夜遅くの漂着方位343度にも誤差3.9度(誤差5度以内)でほぼ一致します。共に翌日の発生となります。


5月7日PM6:59茨城県沖M4.9震度2の観測地からの方位は161.8度で距離は262kmでした。反対の方位は341.8度です。この反対の方位ですが上記の地震と重複しますが、5月6日夜遅くの漂着方位343度に誤差1.2度(誤差3度以内)で一致しました。翌日の発生となります。

*気が付いたこと:上記の2つの地震ですが5月6日の夜の移動方位337度は午後2時過ぎの弱い茨城沖の地震の反対方位に近く、6日夜遅くの漂着方位343度は7日午後7時前のより強い茨城沖M4.9の地震の反対方位にその方位が近いという興味深い結果が出ています。可能性ですが今回の場合は発生の早い順番からユーコンが動いていったとも見れます。
8日 AM8:28
72度に漂着

PM11:16  
110度に漂着
AM1:45
茨城県沖M7.0
震度5弱
5月8日AM1:45茨城県沖M7.0震度5弱の気象庁発表分からの情報からでは、ここの観測地からの方位は165.3度で距離は254kmでした。反対の方位は345.3度です。この方位ですが5月6日夜遅くの漂着方位343度に誤差2.3度(誤差3度以内)で一致しました。2日後の発生となります。また5月5日夜の不漂着現象とも関連がありそうです。
*他にもM6クラスも複数ありますが、後で見てみますが、ユーコンの場合はおもに点ではなく震源域に反応していると考えられるのでおおむね該当すると推定できます。
9日 AM8:00
73度に漂着

PM5:48  
215度に漂着

PM8:48  
180度に1.5cm
PM11:10  
130度に1.5cm
不漂着
5月9日M4:41
青森県東方沖M3.7震度1
5月9日M4:41青森県東方沖M3.7震度1の観測地からの方位は29.1度で距離は263kmでした。この方位の反対の方位は209.1度です。この反対の方位ですが5月7日夜の漂着方位210度に誤差0.9度で一致しました。2日後の発生となります。
10日 AM8:06
90度に0.5cm
不漂着(ほぼ停止)
PM10:50  
80度に漂着
(正方位;宮城沖、反対方位;下越〜佐渡ライン)
AM9:01
青森県東方沖M4.8震度3

AM9:32
宮城県沖M4.0
震度1
5月10日AM9:01青森県東方沖M4.8震度3の観測地からの方位は17.1度で距離は344kmでした。この方位ですが4月25日夜の漂着方位17度に、誤差0.1度で一致します。15日後の発生となります。なお4月29日の青森県東方沖M5.5の地震と重複しています。

5月10日AM9:32宮城県沖M4.0震度1の観測地からの方位は70.0度で距離は84kmでした。この方位ですが5月2日夜の漂着方位70度に誤差0度で一致します。8日後の発生となります。また5月4日68度、72度、5月8日72度、5月9日73度の各漂着方位に誤差2〜3度で一致します。それぞれ6、2、1日後の発生となります。
(ただほぼ連続でしたのでこの周辺での今後の発生の有無に注意したいです)
11日 AM7:50
90度に1cm
不漂着
PM10:00  
140度に1.5cm
PM11:05  
140度に2.5cm

AM3:24
国後島近海M5.0
震度4
5月11日AM3:24国後島近海M5.0震度4の観測地からの方位は35.2度で距離は688kmでした。この方位の反対方位は215.2度です。この反対の方位ですが5月9日夕の漂着方位215度に誤差0.2度で一致します。2日後の発生となります。
12日 AM8:45
128度に漂着
PM7:20   
225度に漂着
(正方位;長野〜愛知・三重方面、反対方位;三陸沖?)
PM10:58  
98度に2cm
5月12日AM11:47
長野県南部M3.9
震度2

PM3:28
中国中部M7.8(USGSではM7.5)深さ約10kmの大地震
死者1万人を超す
5月12日AM11:47長野県南部M3.9震度2の観測値からの方位は221.9度で距離は390kmでした。反対の方位は41.9度です。この反対の方位ですが5月3日夜の漂着方位42度に誤差0.1度で一致しました。9日後の発生となります。

5月12日PM3:28中国中部M7.8(USGSではM7.5)深さ約10kmの大地震ですが、ここの観測地からの方位は268度(西)で距離は3484kmでした。この方位の反対の方位は88度です。この方位ですが5月11日朝の移動方位90度に誤差2度で一致します。翌日の発生となります。
13日 AM8:30
83度に漂着
PM11:08  
72度に漂着
14日 AM9:27
127度に1cm
不漂着
PM6:25   
90度に1cm不漂着
PM11:10  
79度に漂着
5月14日AM9:52
福島県沖M4.0
震度1
5月14日AM9:52福島県沖M4.0震度1の観測地からの方位は164.1度で距離は167kmでした。反対の方位は344.1度です。この反対の方位ですが他の地震と重複もありますが、5月6日夜の漂着方位343度に誤差1.1度で一致しました。8日後の発生となります。
15日 AM8:16
70度に漂着
PM10:50  
27度に漂着
16日 AM7:32
53度に漂着

PM5:40  
143度に漂着
PM9:25  
117度に漂着
PM11:10  
72度に2.5cm
PM2:08
三重県南東沖M4.9深さ360km
震度1(関東東北の太平洋側揺れる)
5月16日PM2:08三重県南東沖M4.9深さ360km震度1(関東東北の太平洋側揺れる)のここの観測地からの方位は217.1度で距離は609kmでした。この方位ですが5月9日夕の漂着方位215度に誤差2.1度で一致しました。7日後の発生となります。
17日 AM7:55
72度に漂着
PM3:47   
245度に漂着
(正方位:新潟〜能登方面?)
PM8:38  
123度に漂着

PM11:20  
70度に漂着(70度は朝にほぼ同じ)
18日 AM7:50
68度に漂着
PM8:48  
103度に漂着
PM10:50   
137度に2.5cm
19日 AM6:42
132度に漂着
PM0:18  
187度に1.5cm
PM6:20  
195度に2.5cm

PM9:40  
188度に漂着
PM6:33
岩手県沖M3.6
震度1



PM7:10
日本海北部M6.3
(深さ590km)
震度1(東北・北海道のの太平洋側揺れる)
5月19日PM6:33岩手県沖M3.6震度1のここの観測地からの方位は56.9度で距離は135kmでした。この方位ですが5月16日朝の漂着方位53度に誤差3.9度(誤差5度以内)でほぼ一致しました。3日後の発生となります。(下記5月の観測表をご覧下さい)。(Hinet情報では方位が55.1度、距離は130km。この場合は誤差2.1度(3度以内)で一致します。)*(その後の気象庁の詳しい情報からはここの観測地からの方位が54.8度で距離は130qでした。この場合は上記53度に誤差1.8度(誤差3度以内)で同じように一致します。)


5月19日PM7:10日本海北部M6.3(深さ590km)震度1(東北の太平洋側揺れる)のここの観測地からの方位ですが305.4度で距離は833kmでした。反対の方位は125.4度です。この反対方位ですが5月17日の漂着方位123度に誤差2.4度(誤差3度以内)で一致しました。2日後の発生となります。*その後の気象庁の詳しい情報ではここの観測地からの方位が304.9度で距離は840qでした。反対の方位は124.9度です。この場合は同じように上記123度に誤差1.9度(3度以内)で一致します。なおマグニチュードはM5.9で深さが569qに修正されました。)
20日 AM11:00
107度に漂着
PM5:46   
243度に1.5cm
PM11:00  
344度に漂着
(正方位:秋田内陸
〜北海道南西沖、反対方位:福島沖〜茨城沖方面?)
5月20日PM2:41
山口県北部M4.4
震度3


AM11:58
宮城県中部M2.4
震度1
5月20日PM2:41山口県北部M4.4震度3のここの観測地からの方位は246.1度で距離は991kmでした。この方位ですが5月17日午後の漂着方位245度に誤差1.1度で一致しました。3日後の発生となります。

5月20日AM11:58宮城県中部M2.4震度1のここの観測地からの方位は250.0度で距離は19.5kmでした。この方位の反対の方位は70.0度です。この反対の方位ですが5月17日夜の漂着方位70度に誤差0度で一致しました。3日後の発生となります。(なお資料は後で発表された詳しい情報に基づいています。なお震源地は大和町吉田ではなく仙台市の西部の定義温泉の東側でした。)
21日 AM7:28
43度に漂着

PM11:50  
55度に漂着
22日 AM8:10
67度に漂着
PM5:10  
210度に3.5cm
(正方位:関東内陸、反対方位〜北海道方面)
PM11:00  
208度に漂着
23日 AM7:50
67度に漂着
22日朝と同じ漂着方位)
PM5:37   
197度
に漂着
PM11:12  
74度に漂着

AM2:40
浦河沖M4.3
震度2

PM7:56
浦河沖M4.1
震度1
5月23日AM2:40浦河沖M4.3震度2のここの観測地からの方位は16.0度で距離は366kmでした。反対の方位は196.0度です。この反対方位ですが5月19日夕の移動方位195度に誤差1度で一致します。4日後の発生となります。

5月23日PM7:56浦河沖M4.1震度1のここの観測地からの方位は16.2度で距離は389kmでした。反対の方位は196.2度です。この反対方位ですが5月23日夕の漂着方位197度に誤差0.8度で一致しました。漂着確認後2時間半後の発生となります。
24日 AM8:38
53度に漂着
PM4:25  
236度に漂着
PM10:23  
204度に漂着
AM0:21
中越地方M2.7
震度2

AM8:23
中越地方M3.1
震度2
5月24日AM0:21中越地方M2.7震度2のここの観測地からの方位は225.8度で距離は259kmでした。反対の方位は45.8度です。この反対の方位ですが5月21日朝の漂着方位43度に誤差2.8度で一致します。3日後の発生になります。

5月24日AM8:23中越地方M3.1震度2のここの観測地からの方位は225.3度で距離は210kmでした。反対の方位は45.3度です。この反対の方位ですが、上記の地震と重複しますが5月21日朝の漂着方位43度に誤差2.3度で一致します。3日後の発生となります。
25日 AM9:05
152度に1.5cm不漂着
PM1:29
204度に1.5cm
PM5:30  
237度に漂着
(24日の夕の236度にほぼ同じ)
PM11:35  
120度に漂着
25日の朝は不漂着現象が発生しました。28日までに該当する発生があるかどうか見守ります。
26日 AM7:15
50度に漂着
PM6:15  
257度に漂着

PM10:50

67度に漂着
AM0:41
宮城県中部M3.2
震度2
5月26日AM0:41宮城県中部M3.2震度2の観測地からの方位は253.5度で距離は17kmでした。反対の方位は73.5度です。この反対の方位ですが5月23日夜の漂着方位73度に誤差0.5度で一致します。3日後の発生となります。(5月20日の宮城中部とほぼ同じ震源地)

5月26日AM4:41千葉県北西部M3.5震度1のここの観測地からの方位は194.7度で距離は315kmでした。この方位ですが他の地震と重複もありますが5月23日夕の漂着方位197度に誤差2.3度で一致します。3日後の発生となります。
27日 AM7:34
67度に漂着(連続)
PM5:04  
325度に漂着
PM9:58  
43度に漂着
PM11:18  
62度に2.5cm
AM0:26
北海道東方沖M4.6震度2
5月27日AM0:26北海道東方沖M4.6震度2のここの観測地からの方位は42.9度で距離は729kmでした。この方位ですが5月21日朝の漂着方位43度に他の地震との重複もみられますが、誤差0.1度で一致します。6日後の発生となります。
28日 AM9:32
64度に漂着
PM5:38  
100度に漂着
PM8:13   
80度に漂着
PM11:30  
96度に2cm
29日 AM8:17
102度に漂着
PM11:05  
180度
(南)に1cm不漂着
(29日の夜は不漂着現象が発生しました)
AM1:42
秋田県内陸南部M4.5震度3

AM9:19
山形県村山地方M3.8震度3
5月29日AM1:42秋田県内陸南部M4.5震度3のここの観測地からの方位は338.2度で距離は67kmでした。この方位ですが5月20日夜の漂着方位344度に誤差5.8度で近い値となっています。反対の方位は158.2度です。この反対の方位ですが、5月25日朝の不漂着の移動方位152度にも誤差6.2度で近い値となっています。また25日朝の不漂着現象とも関連がありそうです。

5月29日AM9:19山形県村山地方M3.8震度3のここの観測地からの方位は255.3度で距離は62kmでした。この方位ですが5月26日夕の漂着方位257度に誤差1.7度で一致しました。3日後の発生となりました。また上記の地震と重複しますが、25日朝の不漂着現象とも関連がありそうです。
30日 AM7:55
208度に2.5cm
不漂着
PM11:15
ほぼ停止
AM10:09
新潟県上中越沖M2.6震度1
30日も不漂着現象が発生しました。6月3日ごろまで該当する発生があるか見守ります。

5月30日AM10:09新潟県上中越沖M2.6震度1のここの観測地からの方位は240.5度で距離は273kmでした。この方位ですが、5月25日夕の漂着方位237度に誤差3,5度でほぼ一致します。5日後の発生となります。
31日 AM9:03
90度に1cm
不漂着

PM11:08  
135度に1.5p

不漂着

PM 2:03
茨城県沖M5.0
震度3

PM3:24
根室半島南東沖M4.9震度3

PM11:32
岩手県沖M5.3
震度3
5月31日PM 2:03茨城県沖M5.0震度3のここの観測地からの方位は156.3度で距離は247qでした。この方位ですが5月25日朝の移動方位152度に誤差4.3度でほぼ一致しました。6日後の発生となります。

5月31日PM3:24根室半島南東沖M4.9震度3の観測地からの方位は36.4度で距離は684qでした。反対の方位は216.4度でした。この反対の方位ですが5月22日夕の漂着方位210度に誤差6.4度で近い値となっています。9日後の発生となります。

5月31日PM11:32岩手県沖M5.3震度3のここの観測地からの方位は41.2度で距離は247qでした。この方位ですが5月27日夜の漂着方位43度漂着に誤差1.8度で一致しました。4日後の発生となりました。