2007年9月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録

元のページに戻る

この実験は新しい試みで、新潟のNORAさん(新津市の方)の発案からなされたものです。実験は簡単なもので、マグネットシートを小さく丸く切り(約1cm位)、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。これまでの観測データでは、地震の震源地の方向(又は反対の方位)と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合が観測されています。また動きが停止状態や鈍くなるときの後に発生が見られることがあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。












●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。
 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10
http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致、誤差8度以内は近い値とみなします。

日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 AM7:53
停止状態
PM4:10   
停止状態
2日 AM7:52
停止状態
PM11:08   
270度に0.5cm

3日 AM7:59
停止状態
PM6:03   
270度に0.5cm
PM11:02  
240度に0.5cm
9月3日AM5:25
岩手沖M4.0
震度2
9月3日AM5:25岩手沖M4.0震度2の観測地からの方位は32.1度で距離は179kmでした。反対の方位は212.1度です。この反対方位ですが、他の地震と重複しますが、8月30日夜の漂着方位216度に誤差3.9度でほぼ一致します。4日後の発生となります。
4日 AM9:48
停止状態
PM9:38    
250度に0.5cm
9月4日AM1:15
千島列島M6.4
深さ110km
震度2
(宮城まで揺れる)

PM0:52
宮城県北部
M3.0震度1
9月4日AM1:15千島列島M6.4深さ110km震度2(宮城まで揺れる)の観測地からの方位は43.9度で距離は1067kmでした。この方位ですが反対の方位も含めて最近はないのですが、8月10日朝夜の2回の漂着方位45度に誤差1.1度で一致します。時間が経ちすぎですが、関連があるとすれば25日後の発生となります。
9月4日PM0:52宮城県北部M3.0震度1の地震ですが、震源位置はHinet情報によりますと、観測地からの方位が49.4度で距離は35kmでした。この方位ですが8月22日朝の漂着方位48度、8月23日朝の漂着方位50度にそれぞれ誤差1.4度0.6度で共に一致します。それぞれ13日後12日後の発生となります。また最近のユーコンの停止状態とこの地震と関連があるかどうか気になるところです。(*気象庁の暫定情報では近距離の場合は誤差が大きすぎますのでHinet情報を参考にさせていただきました。
5日 AM9:27
停止状態
PM10:36    
停止状態
6日 AM10:28
停止状態
7日 AM9:00
停止状態
PM10:32   
265度に0.5cm

9月1日から始まった停止状態はほぼ1週間くらい続いています。これが何を意味するのか注目していきたいと思います。
8日 AM6:54
停止状態
PM11:12   
240度に1cm

PM4:17
岩手県沖M3.8
震度1
9月8日PM4:17岩手県沖M3.8震度1の観測地からの方位は61.9度で距離は158kmでした。この方位ですが8月25日夜の漂着方位65度に誤差3.1度でほぼ一致します。時間の経ちすぎですが14日後の発生となるようです。
9日 AM8:05
停止状態
PM2:02
岩手県沖M4.1
震度1
9月9日PM2:02岩手県沖M4.1震度1の観測地からの方位は45.7度で距離は169kmでした。この方位ですが8月22日朝の漂着方位48度に誤差2.3度で一致しました。時間の経ちすぎですが一応18日後の発生となります。
10日 AM9:40
停止状態
11日 AM9:38
240度に1cm
12日 AM9:45
停止状態
PM10:44   
180度に1cm

PM8:10(日本時間)スマトラ沖M8.2(深さ30km) 9月12日PM8:10(日本時間)スマトラ沖M8.2(深さ30km)の地震ですが観測地から震源地までの方位は229.7度で距離は6271kmでした。
遠いので関連があるかは疑問ですが、9月8日夜と9月11日朝の移動方位240度に誤差10.3度ですこし近いようです。4日後、翌日の発生となります。
13日 M9:39
250度に1cm
14日 AM7:52
停止状態
15日 AM7:58
停止状態
PM10:55   
235度に1cm
16日 AM7:05
停止状態
PM10:55   
235度に1cm
9月16日PM1:35
山形県庄内地方M3.3震度1
9月16日PM1:35山形県庄内地方M3.3震度1の観測地からの方位は303.7度で距離は92kmでした。この方位ですが8月26日午後の漂着方位300度でに誤差3.7度でほぼ一致します。時間の経ちすぎですが、21日後の発生となります。なおHinet情報からの方位は300.2度で距離は93kmです。この場合は誤差0.2度になります。
17日 AM6:48
230度に0.5cm
(やや戻る)50度に移動か?
18日 AM9:20
235度に1cm
9月18日AM1:35新潟県中越地方M3.4震度2 9月18日AM1:35新潟県中越地方M3.4震度2の観測地からの方位は240.7度で距離は232kmでした。この方位ですが9月8日夜の移動方位240度に誤差0.7度で一致します。10日後の発生となります。
19日 AM8:40
250度に1cm
(わずかに北よりに動く)
PM10:47    
245度に1cm
20日 AM9:38
停止状態
21日 AM9:10
停止状態
その後水で薄めて動きやすいようにしました。(調整中)
PM1:05  
183度に1.5cm
PM4:22  
180度に2cm

PM8:07  
186度に漂着

PM10:23  
270度に1cm
PM9:21
茨城県沖M2.8
震度1
9月21日PM9:21茨城県沖M2.8震度1の観測地からの方位は184.4度で距離は217kmでした。この方位ですが9月21日夜の漂着方位186度に誤差1.6度で一致しました。当日の発生となります。
22日 AM8:38
247度に漂着
(正方位は能登半島方面です)
AM11:00   
308度に漂着
PM2:28    
240度に2cm
PM6:02    
246度に漂着
(朝とほぼ同じです)
23日 AM8:31
236度に漂着
PM6:02     
246度に漂着
PM10:00   
245度に2cm
PM0:36
岩手県内陸部北部M3.2震度1
9月23日PM0:36岩手県内陸部北部M3.2震度1の観測地からの方位は1.0度で距離は62kmでした。反対の方位は181度です。この方位ですが他と重複しますが、9月21日夕の移動方位180度に誤差1度で一致します。2日後の発生となります。
24日 AM8:05
247度に2cm
不漂着
AM11:05   
300度に1.5cm
(北よりに跳ねる(北北東に急に移動))
PM1:37    3
05度に2.5cm
PM2:47    
317度に漂着
(正方位は秋田内陸南部〜秋田沖)
PM5:00    
264度に漂着(西)
PM6:30   
82度に漂着
(正方位〜宮城沖)
PM11:03   
88度に漂着
25日 AM7:50
70度に漂着
PM3:48     
75度に漂着
PM10:35    
58度に漂着
(58度は気仙沼より)
26日 AM8:05
44度に漂着
PM3:25   
332度に漂着
PM4:17    
30度に漂着

PM5:25    

103度に漂着
PM10:56   
88度に漂着
27日 AM9:45
65度に漂着
PM5:13      
355度に漂着
9月27日PM8:34千葉県南東沖M3.7震度1 9月27日PM8:34千葉県南東沖M3.7震度1の観測地からの方位は186.6度で距離は385kmでした。この方位ですが他の地震と重複しますが9月21日夜の漂着方位186度に誤差0.6度で一致します。7日後の発生となります。
28日 AM7:44
54度に漂着
PM5:28
277度に漂着
PM10:41マリアナ近海M7.4震度2(深さ280km) 9月28日PM10:41マリアナ近海M7.4震度2(深さ280km、関東東北まで揺れる)の観測地からの方位は174.1度で距離は1847kmでした。この方位の反対の方位は354.1度です。この方位ですが9月27日夕の漂着方位355度に誤差0.9度で一致します。翌日の発生となります。
29日 AM8:46
62度に漂着
PM3:18     
27度に漂着

PM4:43     
43度に漂着
PM10:58    
94度に漂着
AM8:48
新潟県上中越沖M3.0震度1
AM8:48新潟県上中越沖M3.0震度1の観測地からの方位は241.7度で距離は239kmでした。反対の方位は61.7度です。この方位ですが9月29日朝(地震前の観測)の漂着方位62度に誤差0.3度で一致しました。当日の発生となります。
30日 AM8:38
53度に漂着

PM8:50
94度に漂着

PM10:26   
94度に漂着
9月30日PM7:06岩手県内陸南部M3.7震度1 9月30日PM7:06岩手県内陸南部M3.7震度1の観測地からの方位は29.9度で距離は123kmでした。この方位ですが9月26日夕の30度の漂着方位に誤差0.1度で一致しました。4日後の発生となります。また9月29日午後の漂着方位27度にも誤差3度で一致します。この場合は翌日の発生となります。