2007年3月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録

元のページに戻る

この実験は新しい試みで、新潟のNORAさん(新津市の方)の発案からなされたものです。実験は簡単なもので、コンパスシートを小さく丸く切り、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。一部の観測では、地震の震源地の方向と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合もあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。










●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。感謝申し上げます。 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10
http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致、誤差8度以内は近いとみなします。

日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 AM8:25 
125度に2cm不漂着
PM10:42  
83度に漂着
2日 AM8:17
90度に1cm不漂着
PM6:45  
90度に2.5cm
PM9:58  
85度に漂着
3日 AM7:03
130度に2cm
不漂着
PM8:37   
122度に漂着
AM5:14
青森県東方沖M4.6震度2

(その後の確定値ではM4.8でした)
3月3日AM5:14青森県東方沖M4.6震度2の方位は27.8度で距離は361kmでした。この方位ですが他と重複しますが、2月16日夜の漂着方位27度に誤差0.8度で一致します。15日後の発生となります。
また2月25日夜の33度漂着に誤差5.2度で近い値となっています。この場合は6日後の発生となります。
(その後の気象庁の確定値による資料からは、観測地からの方位が27.1度で距離は354kmでした。この場合も2月16日の漂着方位27度に誤差0.1度で一致します。)
4日 AM7:42
56度に漂着

PM4:20

245度に2.3cm
PM5:19
245度に2.8cm
PM10:35
245度に漂着
AM5:01
三陸沖M4.7
震度1

PM8:29
エトロフ島南東沖M4.7震度1
(その後M4.9に修正)
3月4日AM5:01三陸沖M4.7震度1の観測地からの方位は71.9度で距離は246kmでした。この方位ですが2月26日夜の移動方位70度に誤差1.9度で一致しました。6日後の発生となります。

3月4日PM8:29エトロフ島南東沖M4.7震度1の方位は40.7度で距離は937kmでした。この方位ですが2月25日夕方の漂着方位38度に誤差2.7度で一致しました。7日後の発生となります。(その後M4.9に上方修正)
5日 AM8:50
72度に漂着

PM1:02
270度に1cm
PM5:05  
235度に1cm

PM11:02 
215度に2cm
6日 AM9:41
200度に1cm

PM9:35  
25度に漂着
AM10:13
宮城県沖M3.7
震度1

AM11:00
浦河沖M3.4
震度3
3月6日AM11:00浦河沖M3.4震度3の方位は17.6度で距離は439kmでした。この方位ですが2月27日夜の移動方位15度に誤差2.6度で一致します。7日後の発生となります。

3月6日AM10:13宮城県沖M3.7震度1の観測地からの方位は86.5度で距離は114kmでした。この方位ですが3月2日夜の漂着方位85度に誤差1.5度で一致します。4日後の発生となります。
7日 AM9:00
70度 1.5cm

不漂着
PM9:50
秋田県内陸北部M4.4震度4
3月7日PM9:50秋田県内陸北部M4.4震度4の観測地からの方位は344.8度で距離は191kmでした。この方位ですが2月22日の移動方位350度に誤差5.2度で近い値となりました。13日後の発生となります。
8日 AM7:58
70度に漂着

PM10:32  
120度に2cm
PM2:04
鳥島近海M6.0
震度2
3月8日PM2:04鳥島近海M6.0震度2の観測地からの方位は178.7度で距離は939kmでした。反対の方位は358.7度でした。この方位ですが2月22日の漂着方位2度に誤差3.3度でほぼ一致します。14日後の発生となります。
9日 AM11:05
130度に2cm
不漂着
PM7:23   
125度に3.3cm
PM11:02  
114度に漂着

PM0:24
日本海北部M6.2震度2
深さ500km
3月9日PM0:24日本海北部M6.2震度2(深さ500km)の観測地からの方位は314.2度で距離は737kmでした。反対の方位は134.2度でした。この方位ですが2月23日の移動方位135度に誤差0.8度で一致します。14日後の発生となります。
10日 AM7:55
125度に1.5cm
不漂着
PM10:54  
140度に4cm移動
AM0:47
中越地方M4.0
震度3
3月10日AM0:47中越地方M4.0震度3の観測地からの方位は234.1度で距離は250kmでした。反対の方位は54.1度でした。この方位ですが3月4日朝の漂着方位56度に誤差1.9度で一致します。6日後の発生となります。また3月5日夕の移動方位235度にも誤差0.9度で一致します。この場合は5日後の発生となります。
11日 AM8:50
135度に漂着?
(観測後記載漏れにつき正確に欠ける)
PM10:00  
停止状態
PM4:09
北海道東方沖M5.6震度3
3月11日PM4:09北海道東方沖M5.6震度3の方位は42.5度で距離は822kmでした。2月24日朝の漂着方位43度に誤差0.5度で一致します。15日後の発生となります。(その後の気象庁の詳細な発表によれば観測地からの方位は42.6度で距離は818kmでした。これですと誤差0.4度になります)
12日 AM8:50
100度に1.5cm
不漂着
PM9:28   
90度に1cm(朝より戻る)
PM8:32
胆振支庁中東部M4.5震度2(深さ140km)北海道から東北まで揺れる
3月12日PM8:32胆振支庁中東部M4.5(深さ140km)震度2の観測地からの方位は7.0度で距離は477kmでした。この方位ですが2月28日朝の漂着方位13度に誤差6度で近い値となります。12日後の発生となります。
13日 AM8:50
停止状態
AM8:50  
停止状態
PM5:03  
35度に1.5cm移動

PM10:47  
30度に漂着
14日 AM9:40  
停止状態
PM9:51  
135度に1cm移動
PM10:39
山形県西方沖M3.8震度2
3月14日PM10:39山形県西方沖M3.8震度2の観測地からの方位は298.6度で距離は107kmでした。反対の方位は118.6度でした。この方位ですが3月8日の移動方位120度に誤差1.4度で一致します。6日後の発生となります。また3月9日夜の漂着方位114度ににも誤差4.6度で近い値となりました。この場合は5日後の発生となります。
15日 AM9:56
140度1.5cm
不漂着
PM10:30 
102度に漂着
16日 AM9:40
停止状態
PM0:20
230度に0.5cm
PM11:03  
150度に2cm移動
17日 AM8:52
145度に2.5cm
不漂着
PM0:11  
170度に1.5cm
移動
PM9:23  
115度に3.5cm
移動
18日 AM7:38
108度漂着
PM1:17
270度に1cm
PM9:18  
35度に2.5cm
移動
AM10:25
十勝沖M5.8
震度3
3月18日AM10:25十勝沖M5.8震度3の観測地からの方位は34.4度で距離は499kmでした。この方位は
3月13日夕方の移動方位35度に誤差0.4度で一致します。5日後の発生となります。
19日 AM9:27
停止状態
PM6:15  
25度に1.5cm
PM10:26  
26度に漂着
20日 AM8:08
145度に1.5cm
不漂着
AM8:54
150度に1.5cm
PM1:18  
180度に1.5cm
PM3:49  
170度に1.5cm
PM10:02  
125度に漂着
21日 AM8:43
90度に1cm不漂着
PM8:56  
35度に2cm移動
22日 AM8:41
35度に漂着

PM4:30  

190度に1cm
PM10:23  
100度に2cm
AM10:29
埼玉県南部M4.2震度3
3月22日AM10:29埼玉県南部M4.2震度3の方位は199.8度で距離は288kmでした。この方位ですが3月6日朝の移動方位200度に誤差0.2度で一致します。16日後の発生となります。
23日 AM9:37
88度に漂着
PM9:00  
28度に漂着
24日 AM8:44 
75度に2.2cm
不漂着

PM6:45  
95度に2cm
PM10:26  
80度に漂着
25日 AM7:25
205度に2cm
PM1:27
205度に2.5cm
PM10:54 
208度に漂着
(正方位;関東内陸部or伊豆半島or駿河湾;反対方位;岩手県〜日高)
AM9:42
能登半島沖M7.1 震度6強

(被害地震となる)
3月25日AM9:42能登半島沖M7.1震度6強の観測地からの方位は253.1度で距離は405kmでした。反対の方位は73.1度でした。この反対の方位ですが3月24日朝の移動方位75度に誤差1.9度で一致します。翌日の発生となります。また3月5日朝の漂着方位72度にも誤差1.1度で一致します。20日後の発生、また3月7日と8日の移動と漂着の方位70度にも誤差3.1度でほぼ一致します。それぞれ17〜18日後の発生となります。
26日 AM10:47
270度に1cm
不漂着
AM10:47 
270度に1cm不漂着
PM3:25  
275度に1cm移動
PM10:33  
0度(真北)に漂着
(0度漂着は珍しいです)


27日 AM8:47
95度に2cm移動
PM10:44  
145度に2.5cm移動
PM9:18
岩手県内陸南部M4.0震度2
3月27日PM9:18岩手県内陸南部M4.0震度2の観測地からの方位は355.6度で、距離は107kmでした。この方位ですが3月26日の夜の漂着方位0度(真北で360度に同じ)に誤差4.4度でほぼ一致します。翌日の発生となりました。
28日 AM9:40
122度に漂着
PM6:53  
26度に漂着

PM10:44 
55度に漂着

AM8:08
石川県能登地方M4.8 震度5弱

AM9:39
エトロフ島付近M5.0深さ190km
震度2
3月28日AM8:08石川県能登地方M4.8震度5弱の方位は250.2度で距離は384kmでした。反対の方位は70.2度でした。この方位ですが他と重複しますが3月8日の漂着方位70度に誤差0.2度で一致します。20日後の発生となります。

3月28日AM9:39エトロフ島付近M5.0深さ190km震度2の方位は31.6度で距離は832kmでした。この方位ですが3月23日夜の漂着方位28度に誤差3.6度でほぼ一致します。5日後の発生となります
29日 AM10:03  
100度に2.5cm移動
PM10:40  
66度に漂着
30日 AM9:14 
80度に2cm
不漂着

PM10:14  
48度に漂着
AM5:21
十勝支庁南部M4.7震度3


PM6:05
国後島付近M5.6震度3


宮城県沖M3.5
震度1

3月30日AM5:21十勝支庁南部M4.7震度3の観測地からの方位は24.4度で距離は461kmでした。この方位ですが3月28日の夕方の漂着方位26度に誤差1.6度で一致します。2日後の発生となります。
3月30日PM6:05国後島付近M5.6震度3の観測地からの方位は34.5度で距離は765kmでした。この方位ですが3月22日朝の漂着方位35度に誤差0.5度で一致します。8日後の発生となります。

3月30日PM7:51宮城県沖M3.5震度1の観測地からの方位は
57.2度で距離は73kmでした。この方位ですが3月28日夜の漂着方位55度に誤差2.2度で一致しました。2日後の発
生となりました。
31日 AM8:38
65度に2cm
不漂着
PM5:17
90度に1.5cm
PM9:42  
80度に3cm移動
PM10:32  
85度に3.5cm移動
PM10:32
宮城県北部

M5.0
震度3
3月31日PM10:32宮城県北部M5.0震度3の観測地からの方位は50.4度で距離は80kmでした。この方位ですが他と重複しますが、3月28日夜の漂着方位55度に誤差4.6度でほぼ一致します。3日後の発生となります。(なおHinet情報によれば53.1度で距離は78kmでした。この場合は誤差1.9度になります)