2007年1月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録


この実験は新しい試みで、新潟のNORAさん(新津市の方)の発案からなされたものです。実験は簡単なもので、コンパスシートを小さく丸く切り、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。一部の観測では、地震の震源地の方向と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合もあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。










●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。感謝申し上げます。 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10
http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致とみなします。

日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 AM9:58  停止状態
PM6:50  
240度に3.3cm
2日 AM8:40  
240度に3cm
(わずかに昨日より戻る)
PM10:23  
240度に3.3cm
PM10:46
中越地方M4.3
震度2
1月2日PM10:46中越地方M3.2震度2の方位は233.6度で距離は229kmでした。この方位ですが他と重複しますが、12月24日夕方の移動方位235度と誤差1.4度で一致します。9日後の発生となります。
3日 AM9:15停止状態
PM9:58 
240度に3.5cm移動

4日 AM6:50 停止状態
AM6:10  
停止状態
PM5:14  
240度に4cm移動
PM10:13 
240度に5cm
(漂着直前)
5日 AM8:57
242度に漂着
6日 AM10:02
200度に1cm移動
7日 PM5:33
停止状態
8日 AM9:04
220度に1.5cm
PM6:59
中越地方M4.6
最大震度4
1月8日PM6:59中越地方M4.6最大震度4の方位は234.5度で距離は216kmでした。この方位ですがとくに最近はみあたりませんが、ここ最近の240度付近のユーコンの動きとなんらかの関連があったかもしれません。
9日 AM7:33
230度に1.5cm移動
PM1:43   
中心まで戻る
(戻ったということは50度方向に1.5cm動いたことになります)

PM3:40   
230度に1cm再び動き出しました
PM4:28  
230度に1.5cm移動
10日 AM8:52
220度に1cm
(再び戻る)
AM10:05
220度に1.5cm
PM4:28  
206度に漂着(急に漂着)

(正方位〜関東内陸部〜伊豆半島〜駿河湾方面;反対方位〜岩手内陸〜青森東方沖〜浦河沖〜日高地方方面)
11日 AM8:23 停止状態
12日 AM8:58
240度に1cm
PM5:55   
180度に1cm移動

AM5:35
北海道東方沖
M5.2震度2
1月12日AM5:35北海道東方沖M5.2震度2の方位は42.5度で距離は756kmでした。反対の方位は222.5度でした。この方位ですが1月8日の移動方位220度に誤差2.5度で一致します。4日後の発生となります。
13日 AM8:46
180度に1.5cm
AM11:50
岩手県内陸北部M3.0震度1


PM1:24
北西太平洋M8.3深さ30km
震度3(日本)

1月13日PM1:24北西太平洋M8.3深さ30km震度3(日本)の巨大地震ですが観測地からの方位は47.8度で距離は1383kmでした。この方位ですが1月9日の移動方位50度(9日午後1時過ぎに急に50度方向に1.5cm戻りました)に誤差2.2度で一致します。
4日後の発生となります。

1月13日AM11:50岩手県内陸北部M3.0震度1の方位は
0.4度で距離は151kmでした。反対の方位は180.4度でした。この方位は1月12日夕方の移動方位180度に誤差0.4度で一致します。翌日の発生となります。
14日 AM8:04
停止状態
AM8:46  
180度に1.5cm移動
15日 AM10:10
185度に1.8cm移動
PM3:18   
53度に漂着
(急に漂着しました。正方位〜宮城沖、反対方位〜中越方面です)
PM4:57  
225度に1.5cm移動
(今度は反対の方位に移動しています)
PM6:40   
205度に3.5cm移動
(正方位〜関東内陸部)
PM10:29  
206度に漂着
(この漂着方位は1月10日夕方の漂着方位206度と同じ方位でした)

16日 AM8:29
停止状態
PM2:10  
20度に2cm

PM5:01  
30度に2cm
AM3:18
静岡県東部
M5.7震度3
(深さ170km)

PM9:52
青森県東方沖M5.0 震度2


1月16日AM3:18静岡県東部M5.7(深さ170km)震度3の観測地からの方位は205.4度で距離は422kmでした。この方位ですが1月10日午後の漂着方位206度と1月15日夜の漂着方位206度にそれぞれ誤差0.6度で一致します。1日後(実際は数時間後)、6日後の発生となります。
(その後の確定値では方位が205.1度で距離は428kmでした。この場合でも誤差0.9度になります)

1月16日PM9:52青森県東方沖M5.0震度2の方位は26.2度で距離は343kmでした。この方位ですが1月16日夕の移動方位30度に誤差3.8度でほぼ一致します。当日の発生となります。
17日 AM9:10
50度に1cm
(16日より1cmほど中心に戻る)
PM2:52 
中心まで戻る
(戻ったということは230度に1cm)
PM6:55  
90度に1cm移動
18日 AM6:57
中心まで戻る
(ということは270度に1cm)
AM10:30  
140度に0.5cm
PM1:20   
180度に0.5cm
PM3:12   
中心までやや戻る
PM5:20   
180度に0.5cm
PM10:18  
170度に1cm
19日 AM9:30  
180度に1cm
PM7:36  
175度に1.5cm
20日 AM9:05 
180度に1.7cm移動
PM1:06 
180度に1cm
(わずかに0度方向に1cm戻る)
PM7:00 
150度に1.5cm

PM10:20  
140度1cm
(正方位で単純に考えれば茨城沖方面か?)
21日 AM8:01 停止状態
PM1:37 停止状態
PM3:11
53度に漂着
(急に漂着しました)
(急な漂着です。この急な漂着は1月15日午後の急な漂着53度に似ています。)

PM5:34  
345度に漂着
(早い漂着になっています)
正方位 秋田〜奥尻方面
PM6:27  
180度に1cm
PM10:29  
135度に3cm移動

21日午後3時過ぎの急の漂着は1月15日の動きと似ています。
発生が近いかもしれません。
22日 AM7:48
118度に漂着
(正方位宮城沖〜福島沖)
AM11:42 
230度に1cm
PM6:38  
230度に3cm
PM10:34  
225度に3.5cm移動
AM2:16
福井県嶺北地方
M4.4震度3
1月22日AM2:16福井県嶺北地方M4.4震度3の方位は234.5度で距離は508kmでした。この方位の反対方位は54.5度でした。この方位は21日夜の漂着方位53度に誤差1.5度で一致します。翌日の発生となりました。また1月15日の漂着方位53度にも同じ誤差で一致しました。この場合は7日後の発生となります。
23日 AM8:48  
225度に漂着
PM2:43   
90度に2.5cm移動
PM4:48   
88度に漂着
PM9:53   
56度に漂着
24日 AM7:13
90度に1cm不漂着
PM10:23  
90度に1.5cm移動
25日 AM8:40
停止状態
AM10:25 
90度に1cm
昨晩24日夜は90度に1.5cmでしたから270度にわずかに動いたことになります)
PM4:55
福島県沖M4.5
震度3
1月25日PM4:55福島県沖M4.5震度3の方位は176.4度で距離は161kmでした。この方位ですが1月18日から21日にかけての180度の各移動方位に誤差3.6度でほぼ一致します。関連があれば、それぞれ4〜7日後の発生となります。また反対の動きである0度方向の動きとも関連があったかもしれません。
26日 AM8:35  
100度に2.5cm
AM11:05  
100度に1.5cm
(280度に1cm移動と同じです)
PM2:33  
100度に1cm
(中心の戻りつつあります)
PM10:54  
85度に漂着
(再び東に動き漂着しました)
27日 AM8:00 
100度に1cm
不漂着
PM0:02  
180度に1cm
(いくらか西よりに動いたようです)
PM5:26 
16度に漂着

PM9:42  
56度に漂着
AM5:17
福島県沖M4.1
震度2

PM4:12
埼玉県北部M4.2
震度2
1月27日AM5:17福島県沖M4.1震度2の方位は151.3度で距離は94kmでした。この方位ですが1月20日の移動方位150度誤差1.3度で一致します。7日後の発生となります。

1月27日PM4:12埼玉県北部M4.2震度2の方位は206.3度で距離は302kmでした。この方位ですが1月15日夜の漂着方位206度誤差0.3度で一致しました。12日後の発生となります。
28日 AM8:19  
72度に漂着
PM5:48   
90度に1cm
PM10:17  
78度に漂着
AM7:12
岩手県沿岸北部
M3.5震度1
1月28日AM7:12岩手県沿岸北部M3.5震度1の方位は20.5度で距離は197kmでした。この方位は1月27日の漂着方位16度に誤差4.5度でほぼ一致します。翌日の発生となります。
29日 AM8:40 
135度に2cm
不漂着
AM11:12  
145度に2cm
PM0:19   
150度に2cm
PM2:10   
175度に2cm
(右回りをしているようにも見えます)
PM3:45  
180度に2cm
PM10:35   
167度に漂着
30日 AM8:35 
175度に1cm不漂着
PM3:47  
58度に漂着
PM8:57 
340度漂着
PM10:42  
65度に3.5cm移動
AM3:13
三陸はるか沖
M5.0(Hinetから)
深さ48km無感地震

AM10:49
中越地方M3.2
震度3
1月30日AM3:13三陸はるか沖M5.0(Hinetから)深さ48km無感地震の観測地からの方位は54.1度で距離は486kmでした。この方位は1月23日夜と27日夜の漂着方位56度に共に誤差1.9度で一致します。4日後、7日後の発生となります。

1月30日AM10:49中越地方M3.2震度3の観測地からの方位は232.8度で距離は243kmでした。反対の方位は52.8度でした。上記と重なりますが1月23日夜と27日夜の漂着方位56度に誤差3.2度でほぼ一致します。4日後、7日後の発生となります。
31日 AM7:44 
62度に漂着
PM4:25  
230度に1cm移動
PM8:40  
145度に2.2cm
PM10:42 
135度に3cm
PM10:58  
125度に3.2cm
AM6:39
マリアナ諸島M6.9
(深さ30km)
1月31日AM6:39マリアナ諸島M6.9(深さ30km)の地震がありましたが、観測地からの方位は167.0度で距離は1969kmでした。この方位ですが1月29日夜の漂着方位167度に誤差0.0度で一致しました。2日後の発生となります。