2006年8月遊動コンパス(通称ユーコン)の観測記録

この実験は新しい試みで、新潟のNORAさん(新津市の方)の発案からなされたものです。実験は簡単なもので、コンパスシートを小さく丸く切り、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。一部の観測では、地震の震源地の方向と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合もあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。












*反対方位も含めて誤差3度以内は一致、誤差5度以内はほぼ一致とみなします。

●震源地までの方位及び距離の測定は下記のフリーソフトを使用させていただいております。感謝申し上げます。 「球面三角法による方位計算(全世界対応) Ver.3.4.46 Copyright(c)1998 Akira Osanai 1998/9/10http://www.shihei.com/mysoft/houihlp.html
日付 曜日 ユーコンの動き 関連地震 検証と説明
1日 AM8:07
95度に漂着
AM8:07    
95度に漂着
PM5:47    
257度に漂着
PM9:48    
55度に2cm
AM7:13
岩手県沖M3.9
震度2

PM10:11
茨城県沖M4.4
震度3
AM7:13岩手県沖M3.9震度2の方位は38.8度で距離は166kmでした。これは7月31日朝の漂着方位41度に、誤差2.2度で一致します。翌日の発生となります。

8月1日PM10:11茨城県沖M4.4震度3の方位は177.5度で距離は227.3kmでした。これはとくに反対方位も含めて該当するものはありませんでした。
2日 AM8:16    
45度に漂着
PM10:52   
30度に漂着
3日 3日
AM8:28    
73度に漂着
PM5:36    
273度に漂着
PM10:55   
73度に漂着
(3日は73度が2回でした)
4日 AM8:23
46度に漂着
PM7:40    
353度に漂着
PM9:46     
98度に漂着
5日 AM8:55    
77度に漂着
PM5:53    
283度に漂着
PM10:20   
110度に漂着
8月5日
AM2:07
石川県能登地方M3.4震度3
8月5日AM2:07石川県能登地方M3.4震度3の方位は249.7度で距離は348kmでした。反対の方位は69.7度でした。これは8月3日の2回の漂着方位73度にほぼ一致します。
誤差3.3度で2日後の発生となります。
6日 AM8:57    
83度に漂着
PM5:53    
283度に漂着
PM10:04   
52度に漂着
(反対は252度で中越方面)

PM4:26
宮城県北部M3.2
震度1
8月6日PM4:26宮城県北部M3.2震度1の方位は215.0度で距離は8.2kmでした。これは7月25日の漂着方位212度に一致します。誤差3度で12日後の発生です。またもしかすると7月8日から22日までの停止または不漂着現象ともあるいは関連があったかもしれません。
7日 AM9:32
40度に漂着
PM9:40  
278度に漂着
PM8:58
長野県中部M2.4
震度1
8月7日PM8:58長野県中部M2.4震度1の方位は228.1度で距離は335kmでした。反対の方位は48.1度で、これは8月2日の45度にほぼ一致します。誤差3.1度で5日後の発生となります。また8月6日の52度にも近いようです。これの場合は誤差3.9度で翌日の発生となります。
8日 AM9:40
53度に漂着
8日
PM10:16   
310度に漂着
9日 PM0:23
86度に漂着
PM11:20   
215度に漂着
10日 AM8:17    
58度に漂着
PM7:28    
322度に漂着
PM10:20   
148度に漂着
AM1:34
中越地方M2.3
震度1

PM2:41
宮城県沖M3.8
震度1
8月10日PM2:41宮城県沖M3.8震度1の方位は86.6度で距離は123kmでした。これは8月9日朝の漂着方位86度に一致します。
誤差0.6度で翌日の発生となります。

8月10日AM1:34中越地方M2.3震度1の方位は234.5度で距離は216kmでした。反対の方位は54.5度で、これは8月8日の漂着方位53度に一致します。誤差1.5度で2日後の発生となります。
11日 AM7:54
93度に漂着
PM9:23
282度に漂着
11日は朝晩正反対の方位に漂着しました。
12日 AM7:13
58度に漂着
(気仙沼方面)

PM9:45
8度に漂着

(反対は茨城方面)
PM8:11
福島県沖M4.6
震度2
PM8:11福島県沖M4.6震度2の方位は155.7度で距離は176kmでした。これは8月10日の漂着方位148度に近いようです。
誤差7.7度で2日後の発生です。
13日 AM7:16
39度に漂着
PM7:12
304度に漂着
(余りない方位です)
14日 AM8:17
50度に2.5cm
不漂着
AM10:01
48度に漂着
PM7:17
303度に漂着
(13日の晩の304度とほぼ同じです)
AM6:01
釧路沖M4.6
震度2

PM2:42
千葉県東方沖
M3.5震度1
8月14日PM2:42千葉県東方沖M3.5震度1の方位は189.6度で距離は377kmでした。反対の方位は9.6度ででした。これは8月12日の漂着方位8度に誤差1.6度で一致します。3日後の発生となります。

8月14日AM6:01釧路沖M4.6震度2の方位は33.6度で距離は494kmでした。反対の方位は213.6度でした。これは8月9日の漂着方位215度に一致します。誤差1.4度で5日後の発生となります。
15日 AM8:18
42度に漂着
PM5:08   
310度に漂着
PM10:53  
34度に漂着
16日 AM9:53
42度に漂着
PM10:26  
22度に漂着
(反対は202度で関東方面)
PM8:42
宮城県沖M3.8
震度2
(牡鹿半島沖)
8月16日PM8:42宮城県沖M3.8震度2(牡鹿半島沖)の方位は83.8度で距離は71kmでした。とくに最近ではこの漂着方位は見当たりませんが、8月14日朝の不漂着現象と関連があったかもしれません。これとの関連なら2日後の発生となります。
17日 AM7:02   
93度に漂着
PM6:08   
223度漂着
PM11:05  
160度に1cm
不漂着 
AM4:55
宮城県沖M3.8
(気仙沼近く)
M3.8震度1

PM0:45
宮城県沖M4.5
最大震度3

8月17日PM0:45宮城県沖M4.5最大震度3の地震の方位は57.2度で距離は73.5kmでした。これは下記の記載と重なりますが、8月12日の漂着方位58度に一致します。誤差0.8度で5日後の発生となります。

8月17日AM4:55宮城県沖M3.8(気仙沼近く)M3.8震度1の方位は57.2度で距離は73kmでした。これは8月12日朝の漂着方位58度に一致します。誤差0.8度5日後の発生となります。
18日 AM8:27
127度に2.5cm
不漂着
PM10:48   
123度に漂着
17日から18日の不漂着現象は前兆の可能性が高いと考えられます。
19日 AM8:24    
76度に漂着

PM9:06    
246度に漂着
(正方位 
新潟県〜能登半島
反対方位 
宮城沖〜
三陸沖
PM3:55
秋田県内陸北部M3.1震度1
8月19日PM3:55秋田県内陸北部M3.1震度1の方位は352.9度で距離は197kmでした。8月4日夜の漂着方位353度一致します。
誤差0.1度で14日後
の発生となります。
20日 AM8:45
98度に漂着
AM8:45    
98度に漂着
PM7:30   
318度に漂着
(正方位 秋田内陸〜日本海
反対方位 仙台湾〜福島県沖)
PM11:13  
停止状態

AM10:58
三陸沖M5.0
震度1
8月20日AM10:58三陸沖M5.0震度1の方位は60.0度で距離は287kmでした。反対の方位は240度で、これは8月19日晩の漂着方位246度に近いようです。誤差6度で翌日の発生となります。

21日 AM8:15
5度(北)に1cm
不漂着
PM10:36  
313度に漂着
22日 AM9:23   
95度に2.5cm
不漂着
PM4:55   
235度に2.5cm
PM10:45  
240度に漂着
(正方位 新潟県、反対〜宮城沖)
23日 AM8:25
115度に漂着
PM3:53   
270度に漂着(西)
PM10:32  
180度に1cm不漂着
24日 AM9:28
95度に漂着(東)
PM1:55   
272度に漂着
PM11:04  
235度に漂着
PM8:33
青森県東方沖
M4.5震度2
8月24日PM8:33青森県東方沖M4.5震度2の方位は18.2度で距離は300kmでした。これは8月16日の漂着方位22度にほぼ一致します。誤差3.8度で8日後の発生です。
25日 AM8:22
230度に1cm
不漂着
PM5:27 
265度に漂着
PM8:47 
215度に漂着
(反対は35度で釧路沖方面です)
PM9:32
愛知県西部M3.7
震度3
8月25日PM9:32愛知県西部M3.7震度3の方位は227.4度で504kmでした。遠いのでなんともいえませんが、8月17日の漂着方位223度に誤差4.4度でほぼ一致します8日後の発生となります。また25日朝の移動方位230度に誤差2.6度で一致します。これの場合は当日の発生となります。
26日 AM8:28
45度に漂着
PM10:33 
142度に漂着
27日 AM8:55
停止状態

PM6:13   
275度に漂着
PM10:45  
停止状態
28日 AM6:48
停止状態
PM5:51   
235度に2.5cm
PM10:55  
242度に漂着
(あまりない方位です。)
AM7:49
中越地方M3.6
震度2


PM4:45
茨城県沖M4.6
震度2

PM0:38
釧路沖M4.6
震度2

8月28日AM7:49中越地方M3.6震度2の方位は233.6度で距離は229kmでした。これは8月24日の漂着方位235度に誤差1.4度で一致しました。4日後の発生となります。

8月28日PM4:45茨城県沖M4.6震度2の方位は173.8度で距離は262kmでした。とくに該当するユーコンの方位は最近ではありませんが、8月27日の停止状態とあるいは関連があったかもしれません。

8月28日PM0:38釧路沖M4.6震度2の方位は34.3度で距離は595kmでした。これの反対の方位は214.3度でした。これは8月25日夜の漂着方位215度に誤差0.7度で一致しました。3日後の発生となります。
29日 AM8:20
停止状態
PM5:00   
停止状態
PM10:38  
停止状態
PM2:53
鳥取県西部M3.3
震度2

PM10:17
宮城県北部M2.7
震度2
(気象庁確定値の資料による)
8月29日PM2:53鳥取県西部M3.3震度2の方位は244度で距離は639kmでした。この方位は28日夜の漂着方位242度に誤差2度で一致します。翌日の発生となります。

8月29日PM10:17宮城県北部M2.7震度2(気象庁確定値の資料による)の方位は104.3度で距離は24.7kmでした。反対の方位は284.3度でした。これは8月27日の漂着方位275度に
いくらか近い感じがします。誤差9.3度で2日後の発生となります。
30日 AM8:16
停止状態
PM7:15   
停止状態
PM10:45  
停止状態
31日 AM8:05
停止状態
AM11:00 
270度(西)
1.5cm移動
PM1:07  
280度
2.5cm移動
PM2:52  
285度
2.5cm移動
PM4:53  
303度に漂着(反対は123度で宮城沖または福島沖:正方位は山形北部〜秋田内陸南部〜秋田沖)
PM10:45  
再び停止状態

PM5:18
東京湾M4.8
震度4
8月31日PM5:18東京湾M4.8震度4の方位は194.3度で距離は326kmでした。とくに該当する漂着移動方位は見当たりませんでした。ただもしかすると29日から30日のユーコンの停止状態と何らかの関連があったかもしれません。また昼前から夕方までの、移動方位とは別にした動きと何らかの動きと関係があるかもしれません。