日付 曜日 作動した方向と距離 関連地震 検証 気仙沼の方の観測データ
10月30日
10月31日 10・31朝リセット
10・31夜東110度漂着
11月1日 AM6:40リセット
AM9:30東70度へ2cm移動

PM11:20東115度に漂着○
11月1日AM1:10福島県沖M4.2
観測角度東140度
誤差30度
11月2日 AM7:35リセット
PM3時過ぎ東60度に漂着
PM3:02宮城県沖M2.9
無感地震方位132度

PM5:01宮城沖M2.8
無感地震方位110度

PM10:02宮城県沖M5.4
最大震度2広範囲揺れる。方位東72度
←これなら
誤差17度


←これなら
誤差5度

←これなら
誤差12度
11月3日 AM6:55リセット→AM11:00東70度3センチ移動AM11:40→東70度に漂着×
午後にリセット→PM9:10
東100度に漂着
×
今のところ地震発生はありません
11月4日 AM7:17リセット→
PM4時半345度に漂着○

鳴子秋田方面
関係地図に追加します

夜リセットPM11:05観測→
東60度に漂着◎
PM11:03
国後島沖M5.7
震度4
観測地からの方位角42度
AM8:57中越M5.2
震度5強
←これと関係があれば誤差18度
2日の東60度の大体逆方向と考えられます。2日後の地震発生
11月5日 朝リセット→PM2:57確認
東20度に漂着◎
PM1:45岩手県沖M4.3
震度3
方位角40度
確認はもう少し様子を見ます。
11月6日 朝7:40リセット→PM4:00
東10度に漂着
PM7:00リセット→PM11:00東60度に漂着
AM4:33青森県西方沖
M4.1震度2
方位角335度
誤差10度
2日後の地震発生
4日と6日共に60度漂着。6日は早い到着。
11月7日 AM6:50リセット→
PM9:50東5度に漂着×
AM11:03
オホーツク海南部
M6.3深さ490km
ここの角度は20度に近いです。結果2日後の発震か?

一番揺れた階上町の方向は約東20度でほぼ一致
11月8日 AM6:25リセット→PM4:40
ほとんど動かず
PM4:40リセット→PM10:33
東95度漂着
AM3:28宮城県沖
M4.6震度2
方位約100度
AM11:15
新潟県中越M5.9
震度5強
3日の漂着角度に一致約5日後の地震発生
6日の東60度の約反対方向2日後の発生
11月9日 AM6:55リセット→
PM2:55東10度に漂着○
11月10日 AM6:54リセット→
PM4:35東10度に漂着○
AM11:10
中越M5.1震度5弱
PM1:11
宮城北部M3.6
震度1





PM9:43
青森県東方沖M4.3
震度2 方位角17度
左記の宮城北部の地震は方位角約60度です。これも6日の結果?7日9日10日は共に5度10度です。岩手内陸か青森東のラインです。反対もありえます。
午後10時前に青森で地震がある。7日と9日の結果かもしれない。
誤差は約7度。ということは今日のは前震か?
11月11日 AM7:12リセット
昼まで動かず
PM5時真南に約1センチ
PM10:20 165度に漂着◎
AM6:29
青森県東方沖M3.8
震度1 方位角25度



PM3:07
宮城県北部M3.1
震度1 方位角東85度

(Hinetより測定)

PM7:03釧路沖M6.3
震度4 方位角37度
該当なし
左記地震が9日、10日の東10度に該当か。誤差は15度。
8日の夜の漂着の結果はまだです。可能性は仙台湾東方面?

午後3時過ぎの宮城北部との誤差は10度でほぼ該当です。3日後の発生です。
11月12日 AM6:38リセット→東80度
△20日の宮城北部は時間がたち過ぎか?

に漂着
AM11:32リセット→145度×に漂着
深夜リセット
昨日の165度は福島沖、茨城沖方面?
11月13日 AM7:33東50度◎
に漂着
朝リセット
PM4:30、340度◎に漂着を確認。
AM7:25中越M3.8
震度3
AM10:01中越M4.0
震度3


PM11:51
秋田内陸南部M3.4
震度1方位約340度
左記の50度は宮城沖だが逆は新潟方面です。11日の165度は今日当りか?
夜遅くの秋田の地震は13日の午後と同じだが11日の165度の逆方向にもほぼ一致します。
11月14日 朝リセット
お昼現在動かず
夕方も動かず
PM9:45 105度に漂着×
PM9:45リセット
PM0:52
宮城県沖M3.7
震度1 方位約53度
PM5:44
茨城県沖M4.6
方位約163度

13日の朝の漂着にほぼ合致。誤差3度(反対もありえる)
11日の165度にほぼ合致。誤差2度3日後の発生
11月15日 朝7:25東70度◎
に漂着を確認。同時間リセット
PM5:50真南へ2センチ移動
AM3:54釧路沖M5.9
震度2 方位35度該当なし

M9:39新潟中越M4.2
震度3方位235度

13日の東50度の反対方向は新潟の余震域です
10時前の中越の地震M4.2の方位は55度の反対方向で、誤差は5度
11月16日 AM7:30東155度◎に漂着
同時間リセット

PM4:30東20度に漂着
夜遅く0にリセット
AM7:21岩手沿岸南部
M3.4 震度1方位55度

PM3:28宮城県東方沖
M3.0無感地震
方位72度
左記は13日か?

左記の無感は昨日の70度に反応か?誤差2度
11月17日 AM6:35東55度◎に漂着
同時間リセット
PM4:05
320度方向に漂着
AM8:30宮城県沖M3.7
震度1 方位約70度
15日70度に一致。2日後発生
155度なら福島県沖方向
20度なら岩手県沿岸北部沖
11月18日 AM6:45リセット PM4:10無感地震
福島県沖M2.9
方位157度
誤差2度一致
2日後発生
11月19日 AM7:28
130度に漂着〇
PM5:40宮城県沖M4.5
震度3 N38.8 E141.6
方位52度
今日のコンパスの東よりは可能性としては東20度か、東55度。
20度なら青森北海道方面、55度なら三陸沖となります。
左記地震は17日55度と比較して誤差3度でほぼ一致
11月20日 AM6:33
130度に漂着
2日間同じ方向です。

PM8:50リセット
PM10:10東25度◎に漂着
約1時間で漂着早い時間の漂着です。

PM10:10リセット
AM11:04
宮城県北部M3.3
震度1約90度
該当は12日か
130度は仙台湾東沖です
朝280度 2.5cm

夕方300度1.5cm
11月21日 AM6:37
東35度に漂着を確認
AM6:37リセット
東75度に漂着

夜10:43リセット
AM10:49津軽南部M3.0
351度該当なし(あるソフトと関数電卓では350.7度でした。)
なお、75度の逆方向は能登半島輪島沖のようです。少し気になります。 朝270度 1.0cm

夕方270度 1.0cm
11月22日 AM6:30東65度◎に漂着
AM6:30リセット
AM9:30東65度◎に漂着
PM4:00リセット
PM4:33
230度に漂着

230度は記録にはないですが、確か10月27日の夜最初のユーコン設置のときに計測をしませんでしたが、確か同じ方向だったと記憶しています。その日は日中に中越でM6.1の大きな余震がありました。
PM4:33リセット
PM5:38確認
240度に漂着

その後は次のように漂着しています。
PM6:25 東45度漂着○
PM6:57 東30度漂着○
PM8:02 東30度漂着○
PM8:58 東40度漂着◎
PM9:50 東30度漂着○
PM10:40東40度漂着

まだ続けられますが、今晩はこれでおしまいにします
AM5:47無感地震
宮城東方沖M3.2
方位124度
(分度器で測らず、上の方法で計測)












←可能性としてこのような動きをするのは、新潟の余震が起きてから
三陸沖か十勝沖などに震源が移るという仮説も成り立ちます。ただそうしますと後のほうは余震が伴うやや大きめなものということになるかもしれません。
AM11:57
釧路沖M5.2
震度2方位38度

ただ新潟方面のはまだ発生がないようです
19日の方位との誤差6度ほぼ一致20日もあるので同じところでまだあるかもしれません。東65度に早い漂着です。
230度は30分での漂着です。また新潟南部の方向です。要注意かもしれません。
午後5時半過ぎも約1時間でほぼ同じ方向を示すように漂着しました。
西に2回漂着の後は、45度が1回、30度が2回ありました。9時前も40度でした。
30度から45度の間です。10時前は30度です。
午後11時前は40度です。
夜の漂着は左記釧路沖の地震に反応したようです。今回は直前で反応かもしれません。
夕方90度 1cm
11月23日 AM7:28東50度漂着
PM3:30東85度〇に漂着
PM5:20 210度に漂着◎
PM9:20 210度に漂着〇

この210度のライン上の近くで有感地震があるかもしれません。
PM10:08 東50度に漂着
東50度方向は19日の宮城県沖M4.5震度3の方向とほぼ同じです。 東85度はほぼ真東。
210度は山梨県東部?
夜9時過ぎも210度。

PM10時過ぎは50度、朝も50度
同じ方向、
これも気になります
朝270度 1cm

夕方110度 1cm
11月24日 AM6:45 東65度に漂着
PM7:18 東75度〇に漂着
PM11:12 東50度漂着
PM6:57
紀伊半島沖M3.5
震度1 方位215度◎
少し遠すぎるのですが?
23日との誤差5度ほぼ一致
2回の漂着なのでまだあるかもしれません。
朝260度 1cm

夕方130度 2.0cm
11月25日 AM7:35 東50度に漂着
PM1:30 東73度に漂着
PM4:30 東70度に漂着
PM9:50 東30度に漂着
AM2:06中越M3.5
震度3方位232度
反対は52度です。
宮城県田尻町付近でここ3日以内に無感のM2がありました。方位は65度◎です。22日と一致
232度の反対は52度です。23日の朝の50度に一致するか、または
別の宮城沖三陸沖の別の前兆か?
午後は70度台です。
朝320度 1cm

夕方100度 4.0cm(移動上限)
11月26日 AM7:00 東50度〇に漂着
PM7:40 東55度◎に漂着
AM5:59無感地震
金華山沖M2.5
方位80度
東50に漂着です。50度は23日から毎日漂着です。
朝の無感は23日85度と24日75度に適合か?
朝110度 1cm
夕方120度4cm
(移動上限)
11月27日 AM8:38 東75度漂着
PM2:40 東90度漂着
(90度とは真東です)
PM3:36 北10度に漂着
PM5:12北340度に漂着
PM5:58 20度に漂着
PM6:58 30度に漂着
PM8:47 40度に漂着
AM7:42十勝南部M5.6最大震度4
方位22度

今日の夕方のような漂着の仕方は22日の夜の漂着に似ています。ただ角度的には先回よりずっと西よりです。
PM4:33無感地震
宮城県北部M2.5
方位55度
20日の漂着角度25度との誤差3度で、ほぼ一致ただし7日後の発生か。午後の90度は初めて。夕方は北です。続けて北よりに連続して早い漂着です。6時前は20度に漂着です。いずれも北よりです。26日の夜の角度に一致 朝8:00
220度へ1cm
(逆方向40度)

夕方5:30
270度(真西)
11月28日 AM7:58 東50度漂着
PM5:33 東30度漂着
PM9:48 東50度漂着
AM4:56宮城北部M2.2回検証のページ
下記地震が発生のため検証ページの内容を一部変更します。
昨日の夕方の遊動コンパスの動きと左記地震との検証をしてみました。どうぞごらん下さい。 朝290度 2cm

夕方10度 1cm
(PM5:30)
11月29日 AM7:20 東80度漂着

PM6:57 東28度漂着
AM3:32釧路沖M7.1
最大震度5強
方位35度
その後余震続く
左記地震は27日夕方から28日の夜に掛けての漂着の方位角度に適合するようです。 朝290度 2cm
気仙沼から左記釧路沖の方位は32度のようです。27日朝の逆方向に適合かもしれません。
夕方 230度 1cm
11月30日 AM7:40 東50度漂着
PM9:28 東100度漂着
AM4:50宮城県北部
M2.9震度1
方位35度(大和より)
方位250度
(気仙沼より)(震源地は石越町から若柳町付近)
今朝の宮城北部の地震は昨夕の気仙沼の方位との誤差20度で約20度の誤差。夕方の大和の28度との誤差7度でほぼ一致です。 朝290度2cm
気仙沼の誤差が多かったのはおそらく1cmしか動いていなかったからかもしれません。
夕方130度2cm

◎方向がほぼ一致(反対方向も含む) ○誤差はあるがほぼ一致 △誤差が大きくヤヤ疑問
×適応地震なし なお、関連の調査のため無感地震も含めています。

遊動コンパス(通称ユーコン)の観測

今回の実験は新しい試みで、新潟のNORAさんの発案からなされたものです。実験は簡単なもので、コンパスシートを小さく丸く切り、粘性を持った液体(液体洗剤の原液)にある方法で浮かべ、ゆっくりとした動きの距離と方向を探るものです。ビンのふちまで到着した場合と、ゆっくり動いて距離がわずかな場合があります。一部の観測では、地震の震源地の方向と、観測で動いた方向がほぼ一致する場合もあります。また動いても地震発生がない場合や、大きく外れる場合もあるようです。ですから、まだ研究中です。その点ご了承ください。記載の同じ色は関連を表しています。また同様の実験を開始された気仙沼の方の観測のデータを照合データして、20日分より加えさせていただきました。